結納返しのタイミングは、結納式に一緒に執り行う同時交換、日を改める場合、花嫁道具を新居に運び込む荷送りのタイミングがあります。

結納返しのタイミング

結納返しをどのタイミングでするのかということを知らない人も増えてきているのではないでしょうか?結納自体が正式に行われることが無くなってきていますが、相手側のご家庭で正式な結納を申し出される可能性もありますので、きちんと知っておきましょう。

結納返しのタイミングで今最も多いパターンは、結納式に一緒に執り行う同時交換となっています。

▼結納については…>婚約・結納|栃木のくらしと文化

関東地方では元から同時交換をしている地域もあります。

結納式に同時交換で行う理由としては、両家が遠方にあったり、お互い多忙で揃うタイミングが難しいなどで何回も日程が組めないからです。

正式に行うという場合は、日を改める必要があります。

結納返しを同時交換する場合は、日を改める必要もなく負担が少ないのがメリットですが、結納品の内容を把握することができないうちに結納返し品を準備する必要があるというデメリットもあります。

いざ当日に恥をかいてしまうなんてこともあるかもしれません。

後日、日を改めて結納返しをするという方法は多くの地域において正式な方法となります。

結納品を改めてから準備できるため、見当違いの結納返しで失敗することを避けることができます。

ただし、お互いの実家が遠方であった場合などは時間や交通費の負担も多く、スケジュールの調整も難しいというデメリットがあります。

そしてもう一つのタイミングが荷送りといって、花嫁道具を新居に運び込むタイミングに結納返しをするというパターンもあります。

日を改めるといっても、花嫁道具を運び込む時なので、二度手間になることがありません。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS