結納を省いたり簡易的にする場合は、結納返しもしないことになりますが、その場合は両家の両親にもきちんと相談しましょう。

結納返しをしない場合

結納を簡易に行うカップルが増えています。

結納をしないという場合も多いので、簡易的にするというだけでも良いのかもしれません。

結納を簡易的に行う場合、結納返しをしないということもあります。

結納返しをしないとはどういうことなのでしょうか?

結納自体をしないというケースもありますが、結納を簡易的にしようと言う場合、結納金をあらかじめ、結納返しの分を差し引いて贈るという合理的な方法もあります。

結納金とは、結婚資金にする場合も多く、結婚式の費用や、新居の準備に利用するカップルもいます。

よって、お金のやり取りをしても、結果的には二人の結婚資金となるので、やり取りをする手間を省くということです。

文字にすると、せっかくの結婚の約束の儀式が淡白に感じてしまうかもしれませんが、結婚前の出費というのは意外ときついと感じることもあるので、この様に結納を簡単にするということは悪いことではないでしょう。

ただし、結納をしないということを二人だけで決めてしまうのは止めましょう。

結婚というのはやはり家族と家族の結びつきでもあり、二人が結納をいらないと思っても、両親達は結納をしたいと考えている場合も多いにあります。

特に仕来りが強い地域の場合は、正式にすることを望んでいる場合も多く、ご近所の手前などもあり、結納をしないことでご両親に恥をかかせてしまうということもあるので、結納をやるかどうかは両親とも相談する様にしましょう。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS