キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結納返しの品の袴料 : 結納返しで悩みたくない!

結納返しの品の袴料とは、結納で贈られる小袖料のお返しであり、現金で半返しやスーツや腕時計などの品物でする場合もあります。

結納返しの品の袴料

結納返しの品物の中には袴料といって、小袖料のお返しに当たる品物があります。

小袖料というのは昔、着物にするための反物や、着物そのものを贈っていましたが、次第に現金を贈る様になりました。

小袖料というのは、一般的にはお嫁に行くための支度金と考えられていた様です。

小袖料というのは、金額に決まりはありませんが、地域差などで異なり、100万円程度であることが半数以上います。

この小袖料に対してのお返しが袴料なのですが、これも字からわかる様に袴を贈っていたことからこの様に呼ばれています。

袴料は、小袖料の半額の半返しをするのが一般的ですが、最近ではきっちり半返しではなく、品物で1割程度をお返しするという場合が増えています。

袴料としてお返しする品物にはどの様な選ばれるのかといえば、よく選ばれるのはスーツです。

サラリーマンをしている男性の場合、スーツは何着あっても良い物です。

新婚になってからヨレヨレのスーツではなく、新しいスーツをばりっと着て仕事に行ってもらえるのは嬉しいものです。

フォーマルスーツを持っていない人は結納の機会に作っておくというのもいいでしょう。

スーツの他には腕時計も人気があります。

腕時計も日常的に必要なものであり、金額的にも結納返しの品物にも最適です。

結納品の婚約指輪ではなく、二人でペアウォッチにするというカップルもいる様です。

その他にも、ネクタイやカフスボタンをセットにして贈るということもあります。

◇参考リンク-->(URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/400242/

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS